見学・撮影予約

トピックス

夏らしい小物や演出でオリジナリティのあるウェディングフォトを

カテゴリー:お役立ち情報

夏らしい小物

ビーチやキャンプ、花火。夏はワクワクする季節ですね!夏に結婚式や前撮りを行う場合は、夏の眩しさをウェディングフォトに取り入れて個性的で思い出に残る写真にしましょう。夏はカジュアルなイメージが強く、ウェディングとは合わないように感じられる方も多いでしょう。そこで、上手に夏らしさをウェディングに取り入れる方法をご紹介します。

夏らしい小物紹介

夏らしい小物紹介

夏らしさを気軽に取り入れるなら、季節感のある小物を使ってウェディングフォトを撮るのがおすすめです。たとえば、ブーケ。一般的にはホワイトやピンクを基調として淡い色合いのお花で作りますが、ビビッドな色合いにするだけで夏らしい雰囲気が出ます。夏のお花の定番であるひまわりを入れるだけでも華やかですね。


反対に、夏の爽やかさや涼やかさを演出したいなら、ホワイトとグリーンを基調にしたブーケがおすすめです。ユリやカラーのブーケは凛とした雰囲気で大人の女性に似合います。


ブーケ以外にも、麦わら帽子やサングラスなどの小物を身につけると夏らしい雰囲気になります。海外ウェディング気分を出したいならアロハシャツを新郎新婦お揃いで着てみるのはいかがですか。もちろん、ハイビスカスを髪の毛に飾るのを忘れずに。



夏らしい演出紹介

夏らしい演出紹介

夏といえば海。ということで、ビーチやプールでウェディングフォトを撮影するのもよいでしょう。お揃いのビーチサンダルを履いて、お2人が少しはしゃいでいるような雰囲気の写真もステキですね。場所を問わず簡単にできる演出として、傘を使うのもおすすめです。


ドレス姿でレースの日傘を持てば、女優さんのように優雅な写真に。大きめの傘で相合傘をするとお2人の仲の良さも伝わってきます。6月の梅雨の時期なら雨傘を、真夏の撮影なら日傘を使うと季節感が出るでしょう。


夏はスタジオ撮影が快適

夏はスタジオ撮影が快適

夏らしさをウェディングフォトに取り入れようと思っても夏の屋外ロケーション撮影は大変です。気温が高い中、慣れないドレスや着物での撮影は、体力を奪ってしまいます。また、強力な日差しで日焼けの心配も高まります。

そこで、夏は冷房の効いた屋内スタジオでの撮影がおすすめです。天候にも左右されず、快適な撮影を楽しめます。


らかんスタジオには、気軽にロケーション撮影ができるミニガーデンやテラスを併設している店舗もあります。外に出なくてもナチュラルな雰囲気のなかで撮影できる、グリーンをたくさんあしらったスタジオもあるので、ぜひチェックしてくださいね。

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ