見学・撮影予約

トピックス

前撮りとフォトウェディングの違い

カテゴリー:お役立ち情報

20220201-01.jpg

「前撮り」と「フォトウェディング」。どちらも結婚式の衣装を着て写真撮影することですが、意味は少し異なります。ここ数年、フォトウェディングを選ぶカップルが急増中です。そこで、前撮りとフォトウェディングの違いとそれぞれの特徴を解説します。

前撮りとは?

20220201-02.jpg

前撮りとは、結婚式の前に記念撮影をすること。結婚式当日は忙しくて写真撮影の時間を取りにくい新郎新婦が、結婚式の前に落ち着いて写真を撮ることを前撮りといいます。


前撮りは次のようなメリットがあります。

 ・結婚式とは違う衣装を着られる

 ・2人だけでリラックスして写真を撮影できる

 ・ウェルカムボードやプチギフトなどに、前撮りの写真を使える


結婚式当日は時間がなくて、ロケーションやポーズを変えての撮影ができない可能性がありますが、前撮りならスタジオや屋外など希望に沿って撮影可能です。結婚式のプランに前撮りが含まれていて、お得に撮影できる場合もあります。

フォトウェディングとは?

20220201-03.jpg

フォトウェディングとは、挙式や披露宴をせず、ドレスや着物を着て記念撮影を撮ること。「写真だけの結婚式」や「ナシ婚」とも呼ばれていて、フォトウェディングを選ぶカップルが最近増えています。


フォトウェディングの主なメリットには次のようなものがあります。

 ・結婚式を行わないので費用が抑えられる

 ・さまざまな事情で結婚式を行えないカップルも記念写真を残せる

 ・プランによっては、新婚旅行や食事会を兼ねて行える


結婚式や披露宴の費用を節約できるので、2人の新婚生活や旅行などにお金を使うことができます。また、ウィズコロナの時代では、結婚式のために大人数を招待するのが難しいという事情も。結婚式は行わなくても花嫁・花婿衣装での写真を残せるのも、フォトウェディングのよいところですね。


フォトウェディングのプランによっては、撮影のあとに会食や両家の親族を招いての食事会ができる場合もあります。自分たちらしいウェディングスタイルを見つけましょう。

フォト婚、ナシ婚でも一生の思い出に

20220201-04.jpg

結婚式をしない「ナシ婚」や記念写真だけの「フォト婚」を選ぶ方も、結婚式の衣装を着て写真撮影をすることをおすすめします。あとから振り返ってみたときに、2人の大切な思い出になるはずです。

また、ご両親やお子様に写真を見せてあげられるのも、フォトウェディングのよいところ。遠方に住んでいて結婚式には招待するのが難しいおじいちゃん・おばあちゃんも写真を見て喜んでくれるはずです。

結婚式を挙げる予定のない新婚さんも、ウェディングフォトを撮ってみませんか?

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ