見学・撮影予約

トピックス

持ち込みアイテムでオリジナルのウェディングフォトを撮影しよう

カテゴリー:お役立ち情報

20220322-01.jpg

二人らしさが伝わるアイテムを取り入れて、オリジナル感を出すウェディングフォトが人気上昇中です。近年、披露宴などは縮小していく傾向があるなかで、ウェディングフォトで新郎新婦のことをよりよく知ってもらいたいと、写真に思いをこめる新郎新婦が増えています。

持ち込みOKのスタジオを探そう!

20220322-02.jpg

思い出のあるアイテムや、二人がこだわって選んだ小物。「ぜひ一緒に撮影してほしい!」という希望がある場合は、写真スタジオに持ち込みOKかどうか事前に確認しておきましょう。ちょっとしたアイテムなら持ち込み可能なことが多いですが、品物や点数によっては持ち込みができなかったり料金がかかるケースもあります。


たとえば、ドライフラワーやガラス製品といった繊細でこわれやすいもの、生花や食品といった管理が難しいものなどは、写真スタジオによってはNGになる可能性もあります。


また、持ち込み点数が多すぎる場合は、時間内に撮影を終えられないことも。撮影時間や撮影枚数を増やすプランに変更するなど、事前に担当者とよく相談しておくとよいでしょう。

スタジオにある小物を確認

20220322-03.jpg

ウェディングフォトに対応している写真スタジオには、人気の撮影小物があらかじめ用意されていることもあります。アルファベットをつなげて名前や言葉を表現できるガーランド、手に持って楽しい雰囲気を演出できるフォトプロップスなどの定番アイテムは借りることができる場合が多いです。


自分たちの使いたいアイテムが当日に借りられるかどうか、こちらも事前に確認しておくとスムーズです。

思い出の品と一緒に

20220322-04.jpg

これからの人生を一緒に歩んでいくと決めた二人には、これまで積み重ねられた思い出の数々があることでしょう。

出会いのきっかけになった共通の趣味や、一緒に行った旅行のおみやげ、いつも部屋で見守ってくれているぬいぐるみなど、心温まる思い出のつまったアイテムと一緒に撮影するのも素敵ですね。プロポーズのときにプレゼントされたものやおそろいのグッズなど、二人の絆を象徴するアイテムを取り入れてみるのもいいでしょう。

思い出の品を効果的に使うと、印象に残る写真になります。

手作りアイテムでオリジナル感を

20220322-05.jpg

オリジナリティあふれる写真にしたいなら、手作りアイテムがオススメです。

赤い毛糸にワイヤーを通して好きな文字や形にできる「赤い糸」や、和装で持つ扇子に一工夫したプロップス風の小物など、アイディア次第で簡単に作ることができます。

20220322-06.jpg

また、新郎新婦それぞれの幼少期の写真と一緒に撮影するスタイルも人気になりつつあります。小さい頃から我が子の幸せを願って育ててこられたご両親へ、このウェディングフォトをプレゼントするときっと喜ばれるでしょう。

思いのこもったアイテムを持ち込んで、特別感のあるウェディングフォトを撮影すれば、より思い出深い記念になるはずです!

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ