見学・撮影予約

トピックス

ジューンブライドのウェディングフォト

カテゴリー:お役立ち情報

20220510-01.jpg

多くの花嫁さんが憧れる「ジューンブライド」。6月に結婚すると一生涯幸せな結婚生活を送れるといわれているからです。ではなぜ6月に挙式すると幸せになるのでしょうか?ジューンブライドの意味や由来、6月に結婚式を挙げるときにおすすめの演出などをご紹介します。

ジューンブライドってなに?

20220510-02.jpg

ジューンブライドには、「6月の花嫁」や「6月の結婚」という意味があります。ジューンブライドはヨーロッパが起源の言葉。由来には主に3つの説があります。


1.ローマ神話の女神・ユノが由来

ローマ神話の主神・ユピテルの妻であるユノ(Juno)は、結婚や育児の象徴です。ローマ神話では、1月から6月までそれぞれの月に守護神がいます。

ユノは6月の守護神。6月は英語で「June」ですが、ユノの「Juno」に由来していています。ユノが守ってくれる月なので、6月に結婚すると幸せになれるといわれるようになりました。


2.6月はヨーロッパで結婚が解禁される月だったから

かつてヨーロッパでは、3月~5月が農作業を行う時期でした。このため、この時期は結婚を禁止されていたそうです。結婚が解禁される6月は、多くのカップルが結婚式を挙げたことから、6月に結婚すると幸せになるという説ができたといわれています。


3.ヨーロッパでは6月の気候が結婚式に最適だから

ヨーロッパでは、6月が1年で最も気候がよい時期です。雨が少なく気温も快適な6月は、結婚式を挙げるのに適しています。6月に結婚式を挙げて多くの方に祝福してもらえば、幸せな結婚生活を送れると考えられたのでしょう。

スタジオ撮影がおすすめ

20220510-03.jpg

6月は日本では梅雨の時期。写真撮影の当日に雨が降ったり、前の日の雨で足元が悪かったりと、ロケーション撮影には不向きな季節です。


このため、ジューンブライドの写真は、天候に左右されない写真スタジオで撮影するのがおすすめ。衣装を着てロケーション撮影スポットまで移動する手間もないので、撮影に集中することができます。


背景や小物が豊富に揃っている写真スタジオは、まるで違う場所で撮影したようなウェディングフォトをたくさん撮ることができるのも魅力です。特に個室の写真スタジオは、2人きりのリラックス空間での撮影なので、より安心して写真を撮ることができます。

ジューンブライドのおすすめ演出

20220510-04.jpg

スタジオ撮影でジューンブライドの雰囲気を出したいなら、衣装や小物に季節感を取り入れてみましょう。

梅雨を連想させる色といえば、青や紫などの寒色系。ドレスや背景などを青や紫にすると季節感が出ます。また、6月の花としては、ユリとアジサイが代表格。ブーケに取り入れるのもいいですね。

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ