見学・撮影予約

トピックス

見落としがちなウェディングフォトの準備

カテゴリー:お役立ち情報

20220614-01.jpg

ウェディングフォトは一生に一度の大切な記念。自分たちにとって最高のウェディングフォトを撮影してもらうには、しっかりと事前準備をしておく必要があります。見落としがないよう、チェックしておくポイントをまとめました!

事前の衣装見学・打ち合わせ

20220614-02.jpg

まずは、情報収集が肝心。撮りたい場所や着たい衣装、予算など希望のイメージが固まってきたら、各写真スタジオのプランの内容をよく確認します。


事前にHPなどで見ておき、以下のような不明な点を問い合わせておくとよいでしょう。


・衣装は何着レンタルできるか、持ち込みは可能か

・ヘアメイクやブーケ、小物などは含まれているのか

・撮影カット数と台紙やデータの有無、納品方法

・オプションを利用した場合の料金の総額


また、衣装見学ができる場合には、好みのデザインのドレスがあるかだけでなく、自分に合うサイズが揃っているか、その衣装が撮影当日に借りられるかを確認しておきましょう。

撮りたいポーズや写真の雰囲気のリサーチ

20220614-03.jpg

定番のポーズからお二人らしさが伝わるオリジナルな演出まで、さまざまなパターンの写真を撮影してもらいたいですよね。どんな写真が撮りたいかをお二人ですり合わせておくと、カメラマンへ希望を伝える際にスムーズです。

幸福感いっぱいのキラキラした雰囲気、新郎新婦の魅力が伝わる自然体での撮影、モダンでかっこいい印象になる色使いなど、それぞれの写真スタジオが持つコンセプトや技術、環境はさまざまです。その写真スタジオで自分たちの求めている写真が撮れるのか、よくチェックしてみましょう。

20220614-04.jpg

各社のHPにある「フォトギャラリー」を見れば、全体の雰囲気を知ることができます。ポーズやヘアメイクの参考になる写真も見つけられるかもしれません。


また、InstagramなどのSNSでは、先輩たちのリアルな声や実際の仕上がりを知ることができるので要チェックです。


当日の流れをスムーズにするために、A4用紙1枚程度にまとめた「指示書」を作成して事前にカメラマンと共有しておくという方法もあります。

スキンケア、ヘアケア、ボディメイク

20220614-05.jpg

ウェディングフォトの日は、自分史上ベストな状態にしておきたい!と美容面に気をつかう花嫁の方が多いでしょう。

肌や髪のコンディションを整えたり、ダイエットを始めたりするのは、直前になってからでは効果が出にくいものです。エステなどに通う場合も、自分でがんばる場合にも、大切な日から逆算して計画的に進められるようにしましょう。

スキンケアは3〜6か月前からが勝負。普段よりも保湿や紫外線予防を徹底して肌を守りましょう。撮影日が近づいてきたらパックやサプリメントで短期集中ケアを。数日前にシェービングをすると肌に透明感が生まれドレスが似合います。シェービングで赤みが出てしまうなど体質に合わない方もいるので、事前にテストを受けておきましょう。

ヘアについては、希望のヘアスタイルにできる長さをキープできるよう逆算して髪を伸ばしておく必要があります。直前にサロンでヘッドスパやトリートメントをしてもらうと効果的です。

ボディメイクは、体調を優先して無理なく行うことが大切です。ゆるやかに理想の体型へと近づけるよう、3〜6か月前からプランを立てて行いましょう。着たいドレスの写真をいつでも見られるようにしておくとモチベーションも上がります。

ネイル、美容室の予約

20220614-06.jpg

撮影当日にキレイに写れるよう、ネイルサロンや美容室には数日前に行けると安心です。信頼する美容師さんやネイリストの方の予約状況を考慮して、早めに予約をとり、ウェディングフォトを撮影する予定があることも伝えておきましょう。

事前の準備や美容面など、ウェディングフォトのためにしておくことがたくさんあって忙しく感じるかもしれませんが、後悔のない最高の撮影になるように、ポイントをおさえて準備をしておきましょう!

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ