見学・撮影予約

トピックス

失敗しないウェディングフォト

カテゴリー:お役立ち情報

20220927-01.jpg

一生の思い出に残る大切なウェディングフォト。撮影中はあっという間に時間が経ちますが、写真ができあがってから「もっとこうすればよかった」と後悔される方もいらっしゃいます。そこで、ウェディングフォトで失敗しないために、事前にチェックしておきたいことを解説します。

事前に確認しておくこと

20220927-02.jpg

ウェディングフォトを撮影する前に行う打ち合わせはとても大切です。次の3つは、必ず確認しておきましょう。

・プラン内でできることを確認しよう
写真スタジオではさまざまなウェディングフォトプランを準備していますが、各プランでできることは異なります。衣装・スタジオ撮影・ロケーション撮影、ブーケなどの小物は含まれるのか、持ち込みは可能かなどを質問し、検討しているプランで希望通りの写真を撮影できるか確認しましょう。

・写真の仕上がりイメージをチェックしよう
スタジオやカメラマンによって、得意な写真の雰囲気は異なります。撮影を考えているスタジオやカメラマンの撮影した写真の仕上がりイメージが自分の好みに合っているかチェックしましょう。

・希望を具体的に伝えよう

ヘアメイクや小物、撮影したいシーンやポーズなど、希望は具体的に伝えましょう。「こんなに希望を伝えていいのかな?」と、遠慮しなくても大丈夫。一生に一度のウェディングフォトなので、納得できるように、気になることや要望は何でも伝えましょう。

衣装やヘアメイク

20220927-03.jpg

衣装選びはしっかりするのに、ヘアメイクはスタッフにお任せしてしまう方も多いようです。しかし、ヘアメイクによって印象がガラッと変わるため、しっかり希望を伝えましょう。

いくつかの衣装を着る場合には、衣装によってヘアメイクもチェンジします。衣装ごとに似合うヘアメイクを選んでいきましょう。

撮影小物や演出

20220927-04.jpg

撮影小物やスタジオの背景なども、事前に確認しておくとよいでしょう。写真スタジオで貸してもらえるものもチェックし、足りないものは持ち込みができるか聞いておきましょう。撮影小物で人気なのは、主に以下のアイテムです。

1.ブーケ
ブーケは結婚式の定番。好きな花や季節の花を取り入れて、ウェディングフォトに臨みましょう。

2.和傘
和装の装いにぴったりなのが和傘です。花嫁さん一人で和傘をさした写真もステキですし、お二人で相合傘をして寄り添うのもよいですね。

3.ガーランド

ウェディングフォトにメッセージを入れたいときは、ガーランドがおすすめ。お二人の名前や「HAPPY WEDDING」というメッセージを入れるのにぴったりです。

4.赤い糸
運命の赤い糸の演出もステキです。お二人の小指に巻き付けての写真は定番中の定番。ほかにも太めの赤い紐の中に針金を通すと、ハートマークや「LOVE」の文字が作れます。

5.帽子
カジュアルな雰囲気を出したいときに、帽子を使うのがおすすめです。とくに夏のウェディングでは麦わら帽子がおすすめ。ひまわりの花やサングラスと合わせて、サマーリゾート風の演出ができます。

フォトジェニックなポーズ

20220927-05.jpg

ウェディングフォトを撮影するなら、ポーズにもこだわってみましょう。普段恥ずかしくてなかなかできないポーズでも、ウェディングフォトでトライしてみましょう。

とくにおすすめしたいのが、プロポーズを再現したポージングです。新郎がひざまずいてプロポーズするシーンや、指輪のケースを隠しながら花嫁さんに近づくシーンなど、映画のワンシーンのようでステキです。

20220927-06.jpg

お二人で結婚指輪をお披露目するポーズや、おでこや鼻をくっつけ合うポーズなど、撮影中にいろいろなポーズを試してみてはいかがでしょうか?

関連するおすすめの記事

トピックス一覧にもどる

カタログ

WEBカタログ

WEBでも郵送でも
カタログ請求で「割引券」付き

トレンドの着物やドレスを掲載
撮影やレンタル予約はいつしたらいいの?
すぐに見られるWEBカタログ

WEBカタログを見る

郵送をご希望の方はこちら

カタログを郵送する

予約・お問合せ

衣装見学・試着・撮影の
ご相談など承っております

見学・撮影予約
24時間WEB受付

予約からの流れ